スキーのためのトランポリンレッスン

スポンサーリンク
ski
Skitterphoto / Pixabay

暑いと思うから暑い

寒いと思えば・・・・

うな吉
うな吉

寒いと思っても暑い

つーことで、本日もブログを更新します

スポンサーリンク

モーグルエアに向けてのトランポリンレッスン

さて、近年オフトレとしてウォータージャンプとトランポリンをやっています

そんな中で、先日人生初のウォータージャンプレッスンを受講しました

教えてくれたのはモーグルのプロの先生です

その時の記事はこちら↓ ↓

その先生に今回はトランポリンレッスンをして頂きました

本格的にトランポリンをレッスンしてもらうのもはじめてです

ネコ吉
ネコ吉

わくわく、どきどき

今までのトランポリンの練習は、基礎スキーのオフトレとして飛んでいたのでエアの技を磨くというよりは、いっぱい跳んで筋力や瞬発力をトレーニングするといった感じだったんだよね

しかーし、ある程度「縦にも横にも」回転できるようになったところで、そこから先の技術が伸びません

基礎スキーで例えるなら現在2級で止まってるような感じです

でね、今回教えてもらうのはモーグルジャンプのベーシックな部分です

実はジャンプと言っても種類があって、トランポリンのエアもあれば、ボード系のジャンプだったりまたスキー系のもの

スキーでもフリースキーもあればモーグルもあります

そんな中で、モーグルの先生にモーグルエアに繋がるベーシックな部分を教しえてもらいました

今まで上手な人を見て、なんとなくマネをしてやってみるもウマくいかなかったのですが、今回のレッスンでいろんなヒントを得ることができました

ずっとレッスンを受けずに、遅きに失した部分もありましたが、「今受講できてよかった」との思いも強いです

スポンサーリンク

まとめ

正直言って、モーグルって普通の人間にはできないスポーツだと思ってます

特にエアで縦回転を入れることは

コブを猛スピードで降りていき、2つのジャンプ台でバックフリップとかコーク10とか入れちゃうわけでしょ

普通に考えれば、これはスキーではなくて中国雑技団の人とかがやる曲芸だよね

急斜面の凸凹を滑るだけでも技術が必要なのに、特に滑りながらバク宙する度胸って特別な訓練を受けてなければできないよ

マジで特別な訓練を受けてないとできないと思います

自分がこれから先に、モーグル競技をやるのか?やらないのか?といったら競技は怖くてできないです

ただ、いつかバックフリップを入れてモーグルコースを滑ってみたい・・・・

という憧れはあります

現在はまだ普通のスキーのオフトレとしてトランポリンやウォータージャンプをしていますが、夢と目標を持ってもう少しがんばってみようかなって思う次第です

最後に、今回トランポリンを教えてもらってスキーへのやる気はパワーアップしましたよ

スポンサーリンク
ぴんこ
ぴんこ

この記事に興味を持って頂けましたらぽち凸してね

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

コメント

  1. hot より:

    こんばんは。
    コブを高速で滑りながら、エア技を2回も行うモーグルは、確かにかなり鍛えないと、できないですね。
    ニセ外人先生は、これまでの豊富なトレーニングに加えて、専門知識を習得されたら、雪上での実践まで、もうすぐですね。

    • ニセ外人 ニセ外人 より:

      hotさんこんにちは

      オフトレでジャンプの練習をすればするほど、モーグルとかフリースキーの偉大さが分かってきました(●^o^●)
      多くの選手が小学生くらいからやってるのですが、逆に大人になってからやると恐怖心が先行してしまいなかなか跳べません
      でも、競技をやらないにしろこれだけ思い切った練習なので普通のスキーには為になる練習だと思ってます

タイトルとURLをコピーしました