低い姿勢と高い姿勢

スポンサーリンク
ski
adege / Pixabay

 

ネコ吉
ネコ吉

あら、こんにちは

お越し下さるのを首を長くして待ってましたよ

ごゆっくりとお寛ぎください

 

さて、シーズンも始まりましたが、今シーズンの目標を設定した人も多いと思います

検定に合格するとか、大会で上位に入るとか・・・

滑りを変えたいと思ってる方もいるでしょう

そんな中、「ポジションを低くしたい」な~んて思ってる方も少なくないんじゃないかな

自分の滑りをビデオで見ると想像してたより立って滑ってる

うな子
うな子

きゃ~、あるよね

自身のイメージの中ではもっと低い姿勢で滑ってるつもりだったのに

あるあるのパターンだと思います

つーことで本日は低い姿勢高い姿勢というテーマで攻めてみたいと思います

スポンサーリンク

低い姿勢 高い姿勢

さて自分の経験を元に解説していきますけど、文句があっても消防署や消費者センターに電話しないようにね

まず大元となるのは、現在の姿勢が「自身の技術の姿勢である」ということです

どーいう事かというと・・・

ズレが多かったり、スピードをあまり出さないのであったら必然的にポジションは高いです

というより、低くする必要はないです

イメージ図

うな子
うな子

わたしいつもこんな感じ

 

逆にキレ重視だったり、スピード重視ならば重心を低くしなければ対応できないのでポジションは低いです

キレがあれば内傾角が必要ですのでその分重心は下がります

スピードがあればさらに内傾角が必要です

ツル吉
ツル吉

そーいうことなのね

カメ吉
カメ吉

コブも低い姿勢の人がいるよね

整地だけでなくコブにしてもスピードがあれば凸で衝撃を受けるので脚関節を曲げて吸収する必要があります

脚を曲げるので重心は低くなります

一方、スピードがなければ吸収する必要がないので、凸の部分も高い姿勢のままで対応できますよね

ということでキレやスピードが高ければ自然とポジションは低くなりますし、その反対も然り

低い姿勢の特徴

低い姿勢の特徴は、内脚が畳まれてるという事が言えます

コブの場合は両脚が畳まれてるけど、なにしろ内脚の股関節と膝は曲がってる

この滑りはコザックターンなのですが、やはりコツは内脚を畳むことです

ちなみにこれはバリエーショントレーニングですが、超低重心でパラレルすることも可能です

低い姿勢のあこがれ

高い姿勢というのは決して悪い姿勢ではありません

楽に滑ったり、ズレがメインだったらコッチの方が有利です

ただ自分も以前、上手な人のイメージとして「ウマい人は低重心で雪面を張り付くように滑る」という印象がありました

低い姿勢のあこがれです

うな子
うな子

低重心で滑ってる人ってカッコいいわ~

※低すぎるのは難ありですが(*^。^*)

スポンサーリンク

まとめ

ポジションって先にも書いたように「自身の技術にイコール」となってます

スピードもなくズレが多いのに低い姿勢にしたら、バランスも悪く疲れるだけだからね

でも低い姿勢はかっこいいしあこがれです

少しでもそれに近づけるための練習方法としては、やっぱスピード対応力を高める、キレを重視する・・・・

アルペン練習などは最適と思います(アルペンに似た練習)

また、それと並行に内脚を畳む練習(コザック等)もあれば、より早く低い姿勢で滑る事ができると思います

カメ吉
カメ吉

今日からアルペンレーサーになる

ツル吉
ツル吉

カメ吉には無理だ

つーことで、今日はおしまいです

お別れするのが名残惜しいですが、また次回お会いしましょう

それではさようなら~

スポンサーリンク

ぴんこ
ぴんこ

この記事に興味を持って頂けましたらぽち凸してね

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

 

うな子
うな子

この記事に興味を持って頂けましたらぽち凸してね~

こちらにもランキング形式でスキーブログがいっぱいありますよ

 

 

コメント

  1. いぬうえ より:

    <現在の姿勢が「自身の技術の姿勢である」>
    納得です。自分は、低い姿勢にしようとすると、上体が前にかぶるだけになっていることが多くて、ビデオを見せてもらうと、「こんなはずでは!?」と思うことがしばしば。自分のダメなところは把握できていると思うので、あとは努力の方向を間違えなければ、いずれ低い姿勢でも滑ることができるように上達すると信じたいです。

    • ニセ外人 ニセ外人 より:

      いぬうえさんこんにちは

      コメントありがとうございます(*^。^*)
      自分もビデオが流行ったころは自分のイメージと全く違ったので愕然とした記憶がありました
      低い姿勢で滑ってるつもりでも、結構高かったりするんですよね(●^o^●)
      まさに、努力の方向を間違えなければ結果がついてきますよね(๑•ᴗ•๑)

  2. hot より:

    こんばんは。
    今シーズンは、大回りで、今までより低い姿勢で圧をかけることを、身に付けたいと思っています。低い姿勢になろうとすると、ついつい内倒して頭だけ低くしてしまいそうですが、しっかり内脚を曲げていきたいです。

    • ニセ外人 ニセ外人 より:

      hotさんこんにちは

      やはり圧があるから低い姿勢もできるし、足も長く伸ばせるのだと思います(๑•ᴗ•๑)
      hotさんは不整地は完璧なので、あとは整地ですね(●^o^●)
      また一緒にいっぱい滑りましょう(*^。^*)

  3. alien より:

    「撮影したら思ったよりも高い姿勢だった」はスキーあるある!?(;・∀・)
    昔のことだと思ってましたが…また先週末それが起きてしまいました(笑)
    クラブ員YMNさんと一緒に滑って…撮影して貰って…リフトで見てビックリ!?(笑)
    地を這う滑り…のつもりで…棒立ちでした(´;ω;`) コザックターンの練習不足!!
    これからトップシーズンに向けて調整せねば~(;゚Д゚)b

    • ニセ外人 ニセ外人 より:

      alienさんこんにちは

      わあ、地を這う滑りが、実際は天舞う竜のような滑りだったのですね(≧▽≦)
      あるあるですよね
      やっぱりF1レースのように道路にベターって張り付きながら走行するとカッコイイですので、そのイメージを大事にしたいと思います(●^o^●)

タイトルとURLをコピーしました