スキー板右左判別アイテム

スポンサーリンク
ski
ぴんこ
ぴんこ

あら、こんにちは

お忙しい中お越しくださいましてありがとうございます

ゆっくりしていってくださいね

 

さて季節は暑い夏が終わり、そして残暑もあと僅かってところでしょうか

ボーっとしてればあっという間にシーズン突入ですよ

そんな中でそろそろスキーの準備をしなくちゃ

夏前にスキー板とかブーツとかウエアを注文した人はショップから連絡が来るのが待ち遠しいですね

自分は今年はそれらの大物は注文しなかったんだよね

昨年は板を2本も買っちゃったので今年は我慢っす

でね、スキーの準備と言えば過去にこんなアイテムを作っていました

それはこれだ

スポンサーリンク

みぎひだりステッカー

そう、2014年に登場したみぎひだり瞬時スキー板判別ステッカーだ

このステッカーにより、「これは右の板か?左の板か?」履くときに1時間も2時間も迷っていた人を救済した

人類史上初の大発明だったと思う

そして、みぎひだりステッカーはシリーズ化して3つの作品が世に出回った

初代が2014年

2代目が2016年

そして3代目が2017年です

ネコ吉とぴんこで始まったシリーズですが、3代目はなぜか毒きのこになった

2年前にこんな↓ ↓記事も書いてます

時は流れ、もしかしたら、みぎひだりステッカーはもう作ることはないのかも・・・・なーんて思いもある中で

昨年度は結構多くの人から「ステッカーはもうないんですか?」ってお話を頂いたんです

ありがたい事です

ならば・・・・・

ぴんこ
ぴんこ

ならば?

作っちゃいましょう

みぎひだりステッカー第4弾 作ることに決定致しました

 

1代目、2代目はネコ吉とぴんこでしょ

3代目は毒きのこでしょ

じゃあ、4代目は

うな吉
うな吉

4代目はうな吉と

うな子
うな子

うな子よ~

うな吉とうな子にめでたく決定いたしました

ワッショイ、ワッショイ

現在、デザインも決まり発注してあります

スポンサーリンク

さいごに

2年前の記事でも書いたんですが、今までブログでは色んな記事を書いてきました

良いこともモノ申すこともね

でも根本はスキーを楽しみたいって思いであって

それは長い間スキーの先生をしてていつも思ってる事

やっぱね、スキー指導者としてもプレーヤーとしても、組織の一員としても

色んな事を経験してきたし、その中で得たものはたくさんあります

「楽しいスキー」って・・・・自分が本気で楽しんでなければできない

ネコ吉LINEスタンプもそうだし、ネコ吉Tシャツもそうだし、そしてこのステッカーもね

自分が楽しむ事で周りの人も楽しんでもらえれば嬉しいし

ネコ吉
ネコ吉

言いたいことは・・・・そーいうこと

ステッカーが出来上がったらまた記事にしますね

つーことで本日は みぎひだり瞬時スキー板判別ステッカーの話でした

スポンサーリンク
ぴんこ
ぴんこ

この記事に興味を持って頂けましたらぽち凸してね

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

 

うな子
うな子

この記事に興味を持って頂けましたらぽち凸してね~

人気ブログランキングに参加してます

 

コメント

  1. hot より:

    こんばんは。
    みぎひだりステッカー、復活ですね。今度、お会いしたときに、ぜひ、お分けください。
    リフトに乗っているときや滑りだす前に、ステッカーが目に入ると、一員であることとともに、ニセ外人先生はこんなことを言われてたなあ、とか、思い返したりしています。

    • ニセ外人 ニセ外人 より:

      hotさんこんにちは
      はい、よかったら貼って下さい(●^o^●)
      今回はサイズを若干小さくしたので、スペースをとることなく、貼り易さもバッチリです
      これで、「どっちの板が右かな?」なんて悩むこともなくスムーズに履けると思います(*^。^*)

  2. alien より:

    ニセ外人さんステッカー色んなところで見かけるようになってますぉ♪(=゚ω゚)ノ
    実は次回の購入に備えて…頂いたステッカー1セットを大事にとってあります( ̄ー ̄)フフフ
    うな吉はロング板に向いている気がするので…とってあるネコ吉はショートにするかなぁ♪

    • ニセ外人 ニセ外人 より:

      alienさんこんにちは

      いつも貼って頂いて嬉しい限りです(●^o^●)
      今回のうな吉もラミネート加工、強粘着と万全のシールとなってます。ストックにも最適ですので是非お試しください
      シーズンまであと僅か、いろいろ準備しなくては(●^o^●)

タイトルとURLをコピーしました