長野のスキートレーニング施設に行ってきたッス"> 長野のスキートレーニング施設に行ってきたッス">

長野のスキートレーニング施設に行ってきたッス

スポンサーリンク
いらっしゃーい


今日もお会いしましたね


待ってましたよ


ゆっくりお茶でも飲みながらご滞在ください


さて、前回の記事で栂池に行ったことを綴りましたが、自分の夏休み(8/25土~26日)は他にもスキーに関係する施設に行ったので記事にします


25日(土)はこんなところを見学に行きました





さのさかスキー場にあるウォータージャンプ施設です


ここは昨年も来たんだけど、相変わらず度肝を抜かれるジャンプ台です




真ん中の台は「塔」って感じ




・・・・・・・


そして26日(日)は富士見パノラマスキー場の近くにあるトランポリン施設BASEに行ってきましたよ


こちらは、自分のトレーニングとして汗をかいてきました





店名「BASE」という意味は


トランポリンでのトレーニングを主に、様々なことにつながるBASE(基になる)


という事だそうです
(後にこのお話を書きます)


なので、この日もバレーやバスケをやっている子供たちもたくさん来ていました


自分もスキーに繋がるように そう思って練習しています


 


ここはスポンジプールやマットもあるので思い切って色んな事に挑戦できるよ







こーんなタックで回転もできちゃう~





・・・・・・・


でね、


ここで自分の人生のスキーのピークを思い出してみた


一番技術が高かったのが15~6年前あたりかなぁ・・・・って思ってる(た)


その頃ってスクールの常勤で年間滑走日数は常に約130日


大会の成績も結構良かった


・・・・・月日はながれ・・・・・


その後、非常勤となりオフトレもこれといった気の利いたこともせず・・・
<
font size=”3″>

おのずと技術は伸び悩む・・・というよりか 落ちていった


県の技術選はもちろんのこと、草大会でも上位には全く食い込めなかった


そんな中、数年前 簡単なジャンプ台で飛んだら 超ミジメなエアしかできない事に気づいた


おまけに転倒して肋骨を負傷した(数年前の丸沼スキー場の記事参照


自分の中ではスキーはそれなりに上手いと思っていたが、簡単なジャンプ台も飛べない位 お粗末な技術だったんだよね


ゲレンデにはスキーやボーダーのあんちゃん達がいとも簡単にエアを決める


これが現実


このミジメなジャンプがきっかけで今のオフトレに至ってるんだけど・・・・


やっぱりスポーツの上手さは運動能力の要素が大きい


もちろんスキーやってても運動能力が上がるが、限界はあるよね

尚且つ、黙っていても年齢は重ねていく・・・・・でもそれを言い訳にしたらミジメな自分のままでいるわけで・・・・

自分がやってるのは基礎スキーだが、WJそしてトランポリンのおかげで間違いなく基礎スキーが上手くなった


今年の冬に幾つかの草大会に出たんだけど、総合で2位が2回、1位が1回


今までの自分だったらマジあり得ない


年齢からいってもゼッタイあり得ないはず


近年、運動能力が間違いなく変わった


やっぱねBASEって大事だよ


カラダのBASE(動ける体)


基礎スキーって特に技術がある程度のところで停滞しがち


「技術を追い求める」のも大事だけど、やっぱBASEかなって思っちゃう

自分はWJやトランポリンがウマくマッチしたけど、色んなやり方があるのでそれを探すのも面白いんじゃないかな


何はともあれ、WJ見学とトランポリンで とても良い夏休みを過ごすことができました

この記事に興味を持って頂けましたらぽち凸してね
↓ ↓

ブログ村にはスキー情報満載ですよ

ネコ吉Tシャツも好評発売中
↓ ↓


ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました