チョット滑っては止まるレッスンは嫌なんだよー"> チョット滑っては止まるレッスンは嫌なんだよー">

チョット滑っては止まるレッスンは嫌なんだよー

スポンサーリンク
ski
ハイサイ
 
 
ニセ外人ブログはいつもブリザード
 
 
今日も真冬の話題をお届けします
 
 
前回記事にしました「基礎や基本のレッスン」ですが、それに関連して・・・
 
 
このようなレッスンを行う時って、どうしてもお客さんに1列に並んで頂き、そしてあーだこーだと長話しがあって・・・
 
尚且つチョット滑っては止まる、チョット滑っては止まる
 
 
こんなパターンが多いと思うんだ
 
 
自分はそれが嫌なんだよ~
 
 
ゲレンデで長話し聞くのも嫌だし
 
 
たいした距離も滑らないのに、一人一人ノロノロ出発するのも嫌
 
 
たまーに、出発するのがチョー遅い人もいるじゃん
 
 
それって犯罪よ
 
 
たしかに、細かい事を教えるって事も重要なんだけど、先生によってはこの細かい事を半日も・・・1日もやる人がいるからね
 
 
そんな中で、この絵を見てもらいたい
 
イメージ 1
これは受講生9人が並んでる所です
 
 
常設や団体レッスンだったら普通にある光景ですが、この人達が一人づつ滑って、チョット滑ったら止まって・・・・また一人づつ滑って、チョット滑ったら止まる 
 
 
なんてことしたら時間ばっかり過ぎちゃうよね
 
 
おまけにブリザードだったらお客さんは地獄だぜ
 
 
だから、長い講釈聞いて チンタラ滑るのは嫌いなんだよ~
 
 
長話し聞いたって上手くなんないつーの
 
 
・・・・・・
 
あとね、研修会とかで15~16人くらいの講習を経験したことがある人もいると思う
 
 
その時の風景を絵にしたので客観的に見てみよう
 
 
こんな大所帯です
 
 
 
イメージ 2

この時に20秒間隔で出発したら、320秒

 
 
時間にしたら15分かかります・・・・
 
 
あ、ゴメン5分20秒だった
 
 
何はともあれこれだけの時間、上か下で待ってなければいけない
 
 
それも、リフト1本で5回以上やられたら寒い日は凍るで
 
 

 

自分の話に酔っちゃたり、過剰に基礎とか基本とか言う先生はこういう人が多い・・・・と思う
 
 
スキーって理屈じゃない
 
 
滑ってナンボ
 
 
理屈は手短に、そして受講生に配慮できるレッスンをしなくっちゃ
 
 
何はともあれ、チョット滑っては止まるレッスンは嫌なんだよ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました