首都圏近郊はスキー場天国"> 首都圏近郊はスキー場天国">

首都圏近郊はスキー場天国

スポンサーリンク
ski
夏です
 
 
しかーし夏だからこそ、オフじゃなくてオンなんだよね~
 
 
そう、今日は 夏だからこそ行ける首都圏近郊のスキー場を紹介します
 
 
 
これから紹介する施設を3つ以上行ってたら、あなたは相当マニアだぜ
 
 
つーことで、最初は山梨県のカムイみさかスキー場
 
 
イメージ 1
画像はHPから借りたよ~
イメージ 2


 
こちらは人工雪で滑る室内のハーフパイプ施設です
 
 
 
 
続いて スノーヴァ溝の口
 
イメージ 3
 
 
こちらは神奈川県川崎市にある室内スキー場
 
 
普通にも滑れるし、エア台もあるよ
 
 
 
 
続いて 自分がよく行ってる西武園のs-air
 
イメージ 5


 
俗にいうウオータージャンプ施設でもあるんですが、ジブやモーグル練習のための凸凹もあるで~
 
 
 
 
次は埼玉クエスト
 
イメージ 4


 
こちらもジャンプ練習施設
 
 
着地は傾斜のついたマットになってます
 
 
ウォータージャンプはスキーヤーが多いけど、マットジャンプはボーダーが多いかな
 
 
 
 
そして 千葉kings
 
イメージ 6
 
 
千葉県のスキー場と言えばザウスが有名でしたけど、kingsも忘れちゃいけません
 
 
こちらもジャンプ練習施設
そして群馬県片品村にはアイレット(旧バグジャンプ)というジャンプ練習施設があります
 
イメージ 7
 
片品の丸沼と尾瀬岩鞍に分かれる道の近くにあるんだよ
 
 
意外と知らない人が多い
 
 
 
 
茨城県つくばみらい市にはFlyhill
 
イメージ 8
 
 
こちらもマットジャンプやジブの施設です
 
 
 
 
次に埼玉にはこんな施設もあります
 
埼玉BRUSH
 
イメージ 9
 
 
プラスノー施設のコンパクト版、ブラシパークと呼ばれてる施設です
 
 
初心者やシーズン前の足慣らしには充分練習できると思います
 
 
 
 
そして、なんと湘南に施設はあるよ
 
イメージ 10
 
湘南BRUSH
 
 
こちらのジャンプ施設はバグジャンプと呼ばれてるものです
 
 
 
 
いかがでしょうか?
 
首都圏近郊にはこんなにも夏スキーを楽しめる施設があるんです
 
 
 
バブル期に比べて低迷してたスキーやスノーボードもまた盛り上がりを見せてると思うのですが・・・・
 
 
昔とは志向がチョット違う
 
 
それは型にはまったスキーではなくてフリー的なもの
 
 
フリースキー、フリーボード
 
 
飛んだり跳ねたり、前向きに滑ったり後ろ向きに滑ったり 何しろ自由
 
 
そんな練習施設がアチコチにできてる
 
 
冬のスキー場でもそうだけど、近年エア台があったりパイプがあったり
 
 
列をなして順番待ちをしてるところもある
 
 
その魅力って何?
 
 
やっぱ若者から見ればカッコいいんだよね
 
 
昔はスキーをやってる自体がカッコよかった
 
 
ボードが誕生して、ボードをやってること自体がカッコよかった
 
 
今は・・・
 
 
そう、今回紹介した施設が物語るようにあんなことしたり、こんなことをしたり
 
 
時代の流れ・・それをやるのがカッコいいのだと思う
 
 
板にパラブラックを付けたのがカッコいいと思った時と同じ・・・・かも

コメント

タイトルとURLをコピーしました