スキー指導者とデモンストレーション"> スキー指導者とデモンストレーション">

スキー指導者とデモンストレーション

スポンサーリンク
ski

盛夏の候、皆様方におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます

本日も1月2月あたりの雰囲気でブログを更新してまいります

つーことで、今日はスキー指導者とデモンストレーションという記事です

先日も仲間とこんな話で盛り上がったのよ

「名選手は名監督にあらず」的な言葉ってあるじゃん

スキーレッスンには全く当てはまんないねって

これは監督と選手の間柄ってことで

当たり前だけど、スキーレッスンでこのような言葉は恐れ多い

「監督と選手」と 「指導者と受講者」は全く別

で、尚且つここで言ってるのはプロや競技で言ってるわけで

名選手でなかったとしても、それなりの実績を残したプロ級の人が監督になった時の話し

当たり前だけど監督だってより上手い方がイイでしょ~

そう、チョットそのスポーツをかじったくらいじゃ名監督どころか監督にすらなれないよね

だからもしこの言葉を競技の世界で使うなら「名選手、必ずしも名監督にあらず」ってこと

 

でね、一般的なスキーレッスンを考えてみる

そう指導者と受講者の関係だったら

やっぱ、指導者は上手ければ上手いほどいい

(指導者の性格云々は別として)

まあ、初心者や子供のレッスンなら楽しませることを目的とするので、その指導ができる先生が理想だけど

技術を教えるんだったら上手くなくっちゃ

なんでこんなことを言うかっていうと

実は昨シーズン、めちゃくちゃ技術のない先生に教わったからだ

ある会で、この人に教わらなければいけない状況だった それも2日

もちろんこの人はそれなりにお偉いさん

だけど、超~が付くほどヘタッピ

口だけはイッチョ前だけど、デモンストレーションがまともにできない

なんでその理論でそんなヘンテコリンな滑りになるのよ

正直さ、こんな時間の無駄はないわけ

演技ができないんなら指導の立場にいないで欲しい

得るものがない

この世界って、実力以外にも指導者に居座る方法っていくらでもあります

何かをきっかけに、知らない先生に教わる事もあります

そんな時、デモンストレーション、そう見本も満足に見せられない先生に教わるなんて最悪も最悪

クソっすよ

そもそも、なんで技術もないのにその指導の立場にいるのか?

居ないでほしい

もし、居たいなら努力して上手くなれ

って言いたい

スキーレッスンって指導者は監督じゃない

指導者と受講者の立場なら尚更、しっかりと見本の見せられる先生でなければいけない

コメント

タイトルとURLをコピーしました