最強の練習方法・・・・ビデオ撮り"> 最強の練習方法・・・・ビデオ撮り">

最強の練習方法・・・・ビデオ撮り

スポンサーリンク
ski

みんなー、うまくなりたいかー?

イエーイ

イメージ 1

まあ、スキーはレジャーとして楽しむだけ・・・・って人もいると思うけど、少なくとも自分は上手くなりたいって思ってる

そんな中、どんな練習方法が効率的か?

一人で黙々と滑る

講習を受ける

仲間と指摘し合う

家でデモとかのDVDを見る

いろいろあるね

どれもイイと思うんだけど

自分の中で最強と思うのは、ビデオを撮ってもらうこと

これ史上最強無敵

チョットいい過ぎ?

ちなみにビデオ撮ってもらったから上手くなる・・・・訳じゃないよ

撮ってもらったビデオを見て修正点を考える事で、1度で2倍の練習ができるわけだ

2倍って言ったらどういう事かと言うと

定食屋で「オヤジ、かつ丼 1つね」って注文したら

イメージ 2


「1つサービスね」っていって

2つくるようなもんだ

また、ペットショップのネコ

イメージ 3

かわいい~

この「ネコちゃん買います」って言ったら もう1匹おまけにつけてくれたようなもんだ

イメージ 4


お得だよね

・・・・・

話がソレタ・・・

自分は撮ってもらったビデオは必ず自宅のPCに入れてチェックします

そして次回の為に気づいた点をメモするんだ

イメージ 5

そもそも自分にスキーセンスがあるわけではないので、たくさん滑るなり、このようなビデオを見直したりしなければ自分の技術がどんどん落ちてしまう

 

ただ、ここで問題点は撮ってくれる人がいるいないか

固定カメラという手もあるが、できれば撮ってくれる人がいると良い

ここの部分は同じ思いをもった仲間と滑るとか、ビデオ撮影ありの講習に行くとか・・・

ビデオを撮ってもらうって、お金を払っても損はないと思う

ビデオ撮りはもちろん正面から撮ってもらうが一番イイと思うんだけど、後ろとか横とかから撮ってもらうとまた違った発見があったりするんだよね

ビデオ撮りの一例

動画があった方が、ブログが楽しいと思って載せます

アルペンでも技術系でもそれなりの大会に出る人でビデオトレーニングをしてない人は皆無だと思います

特に技術系(技術選)は見た目が大事

その自分の滑りの見た目が分からないのでは、点が上がる訳はありません

今の時代、ビデオ撮りなしで技術選本選にいった人やクラウンとった人はいませんたぶん

これは1級でも指導員検定でも同じに有効な練習法だ

ビデオを撮ったからって上手くなる訳ではないが、

ビデオを撮って見て考える事で、上手くなるための準備ができる

って思うんだけどね

今日は最強の練習方法・・・ビデオ撮り って記事でした

コメント

タイトルとURLをコピーしました