もしもスノーボードがなかったら・・"> もしもスノーボードがなかったら・・">

もしもスノーボードがなかったら・・

スポンサーリンク
ski
今日のタイトルは「もしもスノーボードがなかったら」です
自分はスキーもボードも両方やります
あえて、スキーから見たボードの存在を書いてみたいと思います
イメージ 1
ボードが流行り始めて早、10数年がたちます
それにしても、20代を中心によくブレイクしましたよね
他のスノースポーツでは モノスキー、ショートスキー、スノースクート、テレマーク等がありますが あまり流行りません
なのにボードはスゴい
ボードは横乗りでサーフィンに近い感覚で カッコいい というのがあるんでしょうね
現在、ボードの人口は400~500万人
スキーは500~650万人くらい(ピーク時は1850万人~2000万人)
若干の差はあるものの ほぼ今は同じくらい
スキーをする方って スキー継続寿命って長いと思います
仮に途中やらなくなっても、子供ができてまたはじめるとか
しかし、ボードの継続寿命はとても短いですよね
10代、20代で多くの人が経験をしますが
しかし30代では激減、40代では滅多にいない、50代以降でやってる方を知ると 周りの人がビックリ なんて感じ
現在、基礎スキーの平均年齢って 40代半ばくらいでしょうかね
バブル当時に比べると20代、30代前半の方々は今では 1/10以下でしょうね
なので、もしボードの存在がなかったら スキー界って今とは違ってたろうなって思っちゃうんです
ボードをしてる500万人すべてが スキーをしなくても半分くらいはしてたのかな・・・とか
検定やバッジテストなんかも、もっと多くの人が参加して盛り上ってたのかな・・・なんて
なーんて、考えちゃってるんです
イメージ 2
ま、現実は現実
スノーボードは若者を中心に盛り上がって、スキーは高齢化してます
以前、あるスキー連盟関係者から こんな話を聞きました
スキーはゲートボールと同じ存在
え、どういう事・・
若い方から見れは年配の人がやるスポーツだそうです
えー、っと思ったんですがネットでググったら結構そういう意見が実際あるんですね
何はともあれ、これからますます 高齢化になってしまいますが 自分達で楽しむのが一番かなって思います
イメージ 3

コメント

タイトルとURLをコピーしました