スポンサーリンク

コブが上達する滑りと点数を出す滑りは違う

ski
Simon / Pixabay
スポンサーリンク
ネコ吉
ネコ吉

ハイサイ

GWは10連休だった人も多かったみたいですね

近所のおじさんにそんな話をしたら・・・・「オレは365連休だ」って言ってた

・・・・

さて、自分は指導員としてコブレッスンもたくさんやってきました

コブビギナーの人から、クラウンを目標の人、はたまた技術選に挑戦する人

もちろん、その人のレベルや目標によってレッスン内容は変わります

さて今日はコブが上達するのと、コブで点数を出す滑りは違うという事について記事にしたいと思います

スポンサーリンク

コブが上達する滑りと点数を出す滑りは違う

ここで着目したいのはズラしや止め、横滑り

コブレッスンでは多く使われてる手段だと思いますが、これは上達するための練習であって、点数を出す滑りではありません

「上達≠点数」

たとえば、単にコブを安定して滑りたかったり、適度に上達を考えるならズラしや止め、横滑りはけして悪い方法ではありません

しかしプライズの合格を目指したり、(草)技術選で点数を出すには全く逆で、これらをなるべく使わない方が点が出るよね

要はいかにズラしや止め、横滑りをしないようにするかがポイントとなってくる

整地でも全く同じだよね、安定して滑るには止めたり横滑りを多用しますが、ジャッジから高い評価を得ることはできません

スポンサーリンク

コブレッスンで気になること

自分がプライズや検定に向けてのレッスンをしてて、気になってることがあります

それは、横滑りがカラダに染み付いちゃってる人が結構いる

そういった方は、けしてコブが滑れない訳ではないんです

滑れるんだけど、点数が出ないんです

レッスンでコブは横滑りが基本と教わって、たくさん横滑りを練習して・・・・

その内スピードに乗ったカッコいい滑りになるだろう・・・なーんて思いながらも、そんなウマくはいかず

横滑りがカラダに染み付いて、いつになっても止める滑りになってる人もけして少なくないハズ

たとえば

ウォーキングをいっぱいやっても、100m走は速くならないです

100mを速く走るためには、100mを速く走る為の練習が必要

コブで点数を出すためには、出すための練習が必要です

・・・・・

モーグル系でも技術系(基礎)でも点数が出る人って何しろ速いです

そしてズレが少なく止めるという動作がないです

逆の練習をしてたのでは、点数の出ない滑りが染み付いちゃうと思うんです

コブの練習って1シーズンにそんなにはたくさんできないよね

横滑りの呪縛に獲り着かれると、それだけであっという間に1シーズンが終わります

そして、次のシーズンも横滑りで始まって、横滑りで終わり

気づくとスキー人生が終わってる・・・なーんて事もあると思うんだよね

最後に

点数が出る滑りって・・・・みんながカッコイイって思う滑りなんだよね

だから・・・

つーことで、今日はコブが上達する滑りと、点数を出す滑りは違う という記事でした

ぴんこ
ぴんこ

この記事に興味を持って頂けましたらぽち凸してね~ブログ村にはスキー記事がたくさんあります

ski
スポンサーリンク
フォロー
ニセ外人のスキー日記

コメント

  1. tanacue より:

    娘こたなきゅーに「もっと縦!縦!まっすぐ行け〜!」なんて言ってコブ滑ってたら、周りの人から冷たい目で見られます(>人<;) あははは〜

    • ニセ外人 ニセ外人 より:

      tanacueさんこんにちは

      あら、そんなことがあったのですね(●’ᴗ’●)自分のレッスンでは縦にまっすぐ行くのばかりやってます(*^。^*)
      でも、コブって整地と違う楽しさがあって面白いですよね(●’ᴗ’●)

  2. hot より:

    こんばんは。
    そうですね、横滑りは横滑りで難しいですが、その割に評価されない動きで、時間も労力ももったいないですね。
    コブでは、なるべくスキー板を横向きにしないよう、心がけています。ただ、厳しいコブであるほど、脚が開いて、板のテールも外に出て、ズラしてしまいますが。。。

    • ニセ外人 ニセ外人 より:

      hotさんこんにちは

      そうそう、横滑りって結構難しいですけど、検定とかでは評価されませんよね(๑•ᴗ•๑)
      スピードを落とし、危険度が少ないので検定とか大会とかを考えなければ良いテクニックなのかもしれませんね
      コブも目的で滑り方も違いますよね(●^o^●)

  3. alien より:

    まさに今年の僕がコレですゎ!!(;^ω^A)ズルドン癖が染みついて取れない感じ!?(-_-;)
    過去ニセ外人さんキャンプで「ズラさずに滑る」意識で小回りすると凄い良くなったり…!?
    昨シーズンもコブ全力疾走の動画撮影すると…無駄な動きが無くなる感覚が得られたり!?
    やっぱアグレッシブに滑ることで減点要素がなくなっていくのかなぁ??(;´・ω・)
    それを本番でやるには…やっぱ本番よりも急な斜面とか限界突破の練習ですね!!(;゚Д゚)b

    • ニセ外人 ニセ外人 より:

      alienさんこんにちは

      たしかにズラさずに滑る意識で滑ると、見栄えが違いますよね(*^。^*)
      横滑り主体の滑りと、ズラさない滑りを動画で見比べても、やっぱりズラさない滑りの方が点数が出るな!って思っちゃいます
      コブは目的によって滑り方も違ってくると思うのですが、色んな滑りができると良いですよね~(●’ᴗ’●)

  4. スキー I LOVE SNOW より:

    トップで落とすって、難しいですね。コブの形状にもよりますが。(笑)
    わたしも、どんな時もトップで落として、ほぼ縦に真っ直ぐ行きます。
    脚を閉じるのは気合いです。
    (≧▽≦)

    • ニセ外人 ニセ外人 より:

      スキー I LOVE SNOWさんこんにちは

      ホント、トップを落とすのは難しいですよね~(TεT)
      上手い人ってドルフィンチックにトップが落ちますが、そういった滑りが憧れです
      今の自分だと、トップが上がらない程度なので、あと何回かスキーに行くのでそこで猛特訓をしてきます(●^o^●)

タイトルとURLをコピーしました